吃音・改善!どもりの対策について!

こちらでは吃音・改善の対策についてお伝えしています。

吃音が酷い場合は?

吃音が酷い場合は、医療の力借りるのもいいでしょう。

しかし、どのような病院を捜せばいいのか?基本的にどもりや吃音の症状では、心療内科、精神科、耳鼻咽喉科などこれらです。

病院によっては、保険外診療になっている場合もあるので気をつけてください。

後は、ネットの口コミ情報を参考にしてみてください。

吃音とどもりって何がちがうのか?これって全然ちがうものと思っている人もいらっしゃいますが、同じようなものです。

これらは、言語障害なのですが、定義がはっきりと分かれている訳ではないんです。

それと吃音をご存じない方もいて、それで、どもりと言うのが多く使われているようです。

ですが、吃音・どもりのままでは、人前で喋るのが億劫になるので、しっかりと対策することが大切でしょう。

どもりは遺伝と関係があるのか?これって、遺伝する場合もあるでしょう。

何となくというと、幼児のころに関係があります。

父親がどもりの場合、どもって喋ることが普通と解釈してしまうのが大きな原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)になります。

但し、必ずしも、全ての人に当てはまる訳ではないです。

それに、成長する過程で治ることが多いと言われています。

吃音の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)が実は病気の場合もあるってごぞんじでしたか?その病ですが、てんかんだったり、聴覚機能不全や痙攣性発声障害などです。

特にアメリカでは、これらがどもりになる要因と考えられています。

ですが、この症状は、医学的には解明していないので、先ずは、何が問題があるのかを探してください。

また、病気を治すためにも治療に励むようにしましょう。

どもりを改善指せるのにタバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)を吸うのがいいと根拠のない事を言う人がいます。

これってただの噂と思ってください。

喫煙したとしても全く関係ありないのです。

喫煙すると健康を害する畏れがあるので、禁煙(禁煙外来では、一定の条件を満たしている場合、健康保険が適用されます)することを強くお奨めします。

それにタバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)を止めれば、金銭的にも楽になるので、その他の治療で吃音対策をしてください。

 

広告を非表示にする