読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音・改善!どもりの対策について!

こちらでは吃音・改善の対策についてお伝えしています。

吃音が病気からくるこがある?

吃音が病気からくるこがあるってご存知だったでしょうか?その病名というのは、痙攣性発声障害や聴覚機能不全
他にもてんかんといったものです。

米国では、このような病気が吃音になっている原因となっているようなんですね。

ですが、この症状は、医学的には解明していないので、原因を突き詰める事も大事です。

持ちろん、病気を患っているなら、しっかりと対処してちょうだい。

吃音の症状が重いようだったら、病院に足を運ぶのも選択肢の一つです。

では、病院と言ってもも何科で相談すればいいのか?基本的に吃音では、心療内科でもいいですし、また、精神科(精神疾患を扱います。

精神的な症状、心の問題などを専門に扱う科です)やその他には耳鼻咽喉科などでいいと思います。

但し健康保険が使えない場合もあってますので気をつけてちょうだい。

それと、ネットからクチコミなどを集めるのもいいです。

吃音症の原因とは、一体何があるのか?これに関しては、皆さん同じではなく、複たくさんある場合もあります。

よく言われているのが、おこちゃまの頃のトラウマ・育った環境・ストレス・不安などです。

過去のことは変えることができないですが、ストレスを解消したり、不安ごとは、対処するこはできますよね。

そのようなことから、ストレスだったり、不安があるなら、どもりを克服させるためにも取り除くようにするといいです。

どもる人は頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)が良いといわれていますが、これは本当なのでしょうか?当たり前ですが、皆さんではありませんが、考えるのが早い人ほど、どもる傾向にあるようです。

そのようなことから吃音やどもりで悩まれているなら簡単な方法としては、深呼吸をしてから話すようにしてみるといいです。

どのような事を会話するのかをしっかりと整理すると、どもることが減ってくるでしょう。

どちらにせよ、緊張しないで喋ることがポイントです。

病院で吃音症は良くなるか?実際に考えても必ず治るわけでは難しいです。

ですので、治すのではなく改善する対策になります。

それでも、治療次第では、大幅に改善することもあるでしょうので、医師に相談してみてちょうだい。

病院に関しては、心療内科・精神科(精神疾患を扱います。

精神的な症状、心の問題などを専門に扱う科です)・耳鼻咽喉科等で診てもらってちょうだい。

それと、健康保険が使えるのかどうか確認するようにしましょう。