読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音・改善!どもりの対策について!

こちらでは吃音・改善の対策についてお伝えしています。

吃音が出る人って就職は難しい?

吃音が出る人って就職は、難しいのでしょうか?持ちろん、絶対に無理と言うわけではなく、本人がどのように考えているかポイントなんですね。

喋るシゴトは抵抗があるなら、製造業などでは、どもっ立としても特に問題はないでしょう。

逆に吃音を克服しようのでしたら、サービス業のように喋るシゴトにチャレンジしてみるのもいいと思います。

いずれにしても、どもりの人でも、シゴトすることは可能です。

どもりは、完治して克服できるのか?いろいろと心配される人が多いですが、これに関しては、その人の症状の度合いにもよります。

症状が軽ければ、完治して克服することも難しくないでしょうし、重い症状なら完治は無理かも知れません。

ただ、日常生活に支障をきたさない程度であれば、どもりは減っていくと思います。

さまざまと対策などもありますので、いろいろと試してみて頂戴。

吃音とどもりってちがいは何か?これって全くちがうものと思っている人もいるようですが、意味としては同じなんですね。

両者は、言語障害となっているのですが、定義が曖昧です。

それに吃音と言う言葉(きちんと選ばないと、人間関係が大変なことになってしまいます)もまだまだ周知されていないので、どもりと言う言葉(きちんと選ばないと、人間関係が大変なことになってしまいます)が多く使われるようですね。

ただ、この症状のままだと人前で喋るのが億劫になるので、ちゃんと対策することが大切です。

吃音やどもりって遺伝する?それともしない?個人差はありますが、遺伝してもおかしくはないと思います。

吃音が遺伝するというのは、幼少期に秘密があります。

父親あるいは、母親が吃音になっていると、どもって喋ることが普通と思ってしまうからです。

ただ、絶対に遺伝してしまうというものではないんです。

また、大人になるまでずっと吃音と言うことはあまりないようです。

吃音やどもりの症状は、どういったものがあるでしょうかか?よく言われているのが、・連発・伸発・難発 この3つです。

連発は、繰り返すような感じです。

例 「レモン」を「レレレレレモン」と発音する。

伸発は、音を伸ばすのが特長です。

例 「パイン」を「パーイン」と発音する。

難発は、音が詰まって発音してします。

例 「レモン」を「、、、、レモン」と発音する。

当たり前ですが、その人によっても症状がちがい、軽いケースもあれば、重いケースもあります。